健康小話, 喜界島のご紹介

これは珍しい! 喜界島産の「胡麻の花はちみつ」を見つけました

皆さんが普段食べている胡麻、そのほとんどが輸入物だそうです。和食にもよく使われる胡麻ですが、99%以上が輸入で、国産胡麻は1%以下。とても貴重なんです。そしてその国産胡麻のほとんどが鹿児島県喜界島で生産されているんです! 潤命青汁の原材料であるボタンボウフウの産地、太陽の恵みたっぷりの喜界島です。

国産の良さはやはりフレッシュであること! 収穫から加工、そして皆様の手に届くまでの時間が短いということは、それだけ新鮮なので栄養価も高いままです。

胡麻にはカルシウムマグネシウム亜鉛など、骨を強くする成分が豊富。特に女性に不足しがちな栄養素がまとめて摂れると言われています。喜界島にお住まいの方は骨密度が高い人が多いという調査結果もあるんです。

健康のために毎日摂りたい胡麻ですが、実は喜界島にはとても珍しい胡麻の花はちみつ」というものがあるのだとか。真っ白な胡麻の花から採れる蜜は濃厚でさっぱりとした味わいのはちみつで、お土産に人気になっているんです。これ、見つけたらラッキーと言われるくらいのレア商品。胡麻そのものの生産量がそれほど多くないので、「胡麻の花はちみつ」もたくさん流通しているわけではありません。もし見つけたら、ぜひこの美味しさを味わってみてください。

7-1

7-3

7-2

喜界島薬草農園でも白ゴマを作っています。余計な加工をせず、洗いゴマとして販売しているので、ゴマ本来の味が楽しめます。煮物やサラダにふりかけたり、ブレンダーで練りゴマにしてパンに塗っても美味しいですよ。強い骨を作るために毎日大さじ一杯の白ゴマ、今日から始めてみませんか?

健康小話, 潤命青汁とは

野菜やフルーツの栄養素は季節や産地によって全然違う!

スーパーに行くと、年間を通して売られている野菜があります。果物もいろいろな種類が店頭に並んでいて、一年中様々な味が楽しめます。しかし、その野菜や果物に含まれている栄養いつも同じでしょうか

6

野菜や果物にはがあります。旬の時期は味が濃くて美味しく、収穫時期による違いを実感させられます。味の濃さが違うということは、栄養にも差があるということ。季節や産地によって太陽の照り具合も違います。例えば、ビタミンCが多いレモン、リコピンが豊富なトマト。これらは、季節がいつでも産地がどこでも、同じ量の栄養が含まれているのでしょうか。きっとそんなことはありません。多いと思っていた栄養素が実は全然含まれていないということはよくあることなのです。

先日、ひじきにはほとんど鉄分が含まれていないことが大きなニュースになりました。鉄分たっぷり食材だと知られていたのに、その鉄分はひじきそのものに含まれていたのではなく、鉄鍋で煮たことによるものだったのです。鉄分不足解消のためにひじきを食べていた人にとっては衝撃のニュースでした。

野菜不足を解消するために積極的に野菜を食べていたのに、実は思っていたほど栄養が入っていないとしたらとても残念です。そんながっかり感がないように潤命青汁は成分を一定に保つよう作られています

ボタンボウフウ大麦若葉桑の葉一年で一番栄養素の高い時に栽培と収穫を集中させ、粉末に加工しています。それぞれの野菜の一番いい時期を見極めているので、お客様のお手元に届く潤命青汁は常にたっぷりの栄養素が含まれた状態となっています。どうせ飲むなら成分が一定のものを。潤命青汁は栄養成分を保証しています。

健康小話, 潤命青汁とは

食前のフルーツで食事がもっと美味しくなる!?

フルーツにはお肉を柔らかくする効果を持つ物があります。例えば酢豚にはパイナップルを入れたり、すりおろしたリンゴにお肉を漬けておいたり。美味しさはもちろん消化を良くする効果が期待できるそう。

これは、いくつかのフルーツに含まれている食物酵素の働きのおかげ。パイナップルやリンゴ、そしてキウイやパパイヤなどには食物酵素が多く、野菜なら大根山芋にも多く含まれています。酵素は今流行りのデトックス効果的なようで、酵素ドリンクというようなものも女性を中心に人気となっています。

フルーツを調理に使うのではなく、食前に食べるのもおすすめです。特にタンパク質の多い食事をする際に酵素を摂ると、消化を助けてくれる働きがあるそうです。たっぷりのお肉を食べる時にはフルーツも一緒に。焼き魚に大根おろしが添えられているのはそういった効果を期待してという、昔からの知恵だそうです。

ただ、食事の前にフルーツを摂ることはなかなか難しいものです。しかもフルーツには糖分が多く、毎日食べることが習慣になると、糖分の摂り過ぎも心配です。ダイエットのつもりで白米やパンを減らしても、フルーツを摂り過ぎてしまっては意味がありません

そんな時には潤命青汁です。潤命青汁には食物繊維がたっぷり含まれ、食前のフルーツと同じような効果が期待できます。また、ボタンボウフウ大麦若葉桑の葉から出来ているので、余計な糖分を摂ってしまう心配もありません。粉末状の青汁なので、水に溶かして飲むだけ。フルーツを切る手間もなく簡単です。

食事の前には潤命青汁を一本。これが習慣になると、消化やお通じがよくなって、きっと手放せなくなるはずです。

4

健康小話, 潤命青汁とは

「潤命青汁」はダイエットにも!食物繊維は体に嬉しい効果がいっぱい

食物繊維を多く摂った方が良いというのは昔から言われているので、気を付けている人も多いかと思います。便秘解消の効能がよく知られているので、特に女性は積極的に摂ろうとしている人が多いのではないでしょうか。

食物繊維の効能は便通を良くするだけではありません。食前に摂れば血糖値の急激な上昇を抑えてくれたり余分な脂肪を吸着して体外に排出する手助けとなったりもします。

その食物繊維。実は2種類あります。「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、効果が全く違うのです。水溶性食物繊維は、食事による糖質の吸収を緩やかにしたり、腸の中の善玉菌を増やすという整腸作用もあります。不溶性食物繊維は腸を刺激して便通を促進する働きがあります。食物繊維を多く摂ろうと思った時、この両方をバランスよく摂ることが大切です。水溶性食物繊維はごぼうやオクラ、不溶性食物繊維はエリンギやアーモンドなどに多く含まれます。しかし、こういった食物を毎日きちんと摂り続けるのはなかなか大変なものです。

最近は「難消化性デキストリン」を食物繊維摂取の補助食品として販売しているものもあります。これは糖質の吸収を緩やかにする効果はありますが、飲むタイミングによっては食事によって摂れるはずの栄養素も摂れなくなってしまうこともあるのです。

潤命青汁は、ボタンボウフウ桑の葉大麦若葉を、一年で一番栄養を含んでいる時に粉末にした青汁です。太陽をたっぷり浴びて育った野菜が原料なので、自然な成分自然な栄養素で出来ています。健康のため、糖尿病予防のために、自然な食物繊維たっぷりの潤命青汁をお試しください。

3

健康小話, 潤命青汁とは

健康ブームは世界中で! 「潤命青汁」は海外からも注目されています

数年前からニュースでよく聞く言葉に「爆買い」があります。主に中国人観光客が日本に旅行に来て大量に買い物をしていくことを指しますが、最近その爆買いの流れが少し変わってきているとか。以前は炊飯器など日本メーカーの電化製品をたくさん買って、段ボールをいくつも積み重ねて運ぶ中国人をよく見かけました。しかし今人気なのは化粧品健康食品。自分用にお土産用にと大量に買っていくようです。

健康志向は中国にも広がっているようです。サプリメントへの興味が広がっているのと同時に、野菜不足が気になる人も増えているとか。しかし、どうやら中国人でも中国産の野菜にはちょっと不安がある人が多いと聞きます。日本人に国産の野菜が人気なように、中国人にとっても日本産の野菜人気になっていて、それを原材料としたサプリメント注目が集まっています

特に野菜をまるごと使った青汁注目度が高いようです。潤命青汁は鹿児島県喜界島産ボタンボウフウや、桑の葉大麦若葉など、安心の国産野菜のみで作られています。どれも徹底的に管理した生産方法が守られているので、健康意識の高い人から支持され、その流れは海外にも広まっていくと期待しています。

観光客の皆様にお買い求めいただきやすいように、今後は九州のお土産物屋さんなどでの取り扱いも目指したいと考えています。もちろん九州に行かなくても、全国どこからでもインターネットによる注文ができますので、ぜひあなたの毎日に潤命青汁を取り入れてみてください。

2

健康小話

今日の食事に含まれている栄養素、正しく知っていますか?

あなたは毎日の食事でどのくらいの栄養素を摂取しているか、ご存知ですか? 「野菜は一日350グラム」と言われていますが、なかなかその量を食べることは難しいのが多くの人の現状です。さらに、野菜と言ってもどんな野菜でも良いわけではありません。野菜の持つ栄養素はそれぞれ違います。いくら350グラムに気を付けていたとしても、野菜の種類が偏ってしまうと摂れる栄養素も偏ってしまうのです。

6

では、食物の持つ栄養素とはどのようなものなのでしょう。例えばほうれん草には鉄分レタスには食物繊維が多く含まれていることなどが有名です。また、豚肉にはビタミンB1魚を丸ごと食べるとカルシウムが豊富などは昔から言われているため、よく知られているところです。

最近特に言われているのが、お米やパンに多く含まれる炭水化物の存在。炭水化物を減らすダイエットも人気となっています。とは言え、そのものが悪者というわけではありません。炭水化物には糖分が含まれ、その糖分は体内でブドウ糖に変化し、脳を働かせるためのエネルギーとなります。炭水化物を摂ることが悪いのではなく、摂り過ぎに問題があるのです。

どんな栄養素も、多く摂り過ぎたり摂る量が少なすぎると体に悪影響を及ぼすことがあります。そのためには、食材に含まれている栄養素を知ること。それがわかれば、今日のランチで何を選ぶか、夕食の材料に何を買うかを正しく選ぶヒントになります。

体に必要な栄養素を、毎日バランス良く摂ること。食べる食材に気を付けて、健康的な食事を心がけてください。

健康小話, 潤命青汁とは

糖分摂取量に合わせて自分なりの潤命青汁の飲み方を見つけましょう

潤命青汁を飲むことによる主な効果は、「食事による血糖値の上昇を緩やかにすること」です。逆に言うと、潤命青汁を飲まずに食事をすると血糖値が急激に上がってしまうということになります。

血糖値が急に上がってしまうと、体内での糖の分解が間に合わなくなっていきます。そして、分解できずに糖が残ってしまい、糖尿病の原因肥満に繋がってしまうのです。ご飯やうどん、パンには多くの炭水化物が含まれており、その炭水化物は糖のかたまりです。健康的に思えるフルーツも糖分が多いので注意が必要です。

でも、すべての食事から糖分を抜くのはなかなか難しいですし、飲み会などの付き合いもあります。そんな時に活躍するのが潤命青汁なんです。

潤命青汁は必ず食前に飲んでください。基本的には毎日3食の食前に飲むことをおすすめしていますが、食事に含まれる糖質のコントロールをする場合は、この限りではありません。

例えば、ランチをサラダとスープで軽めに済ませた場合。サラダが葉野菜中心で、ドレッシングはオリーブオイルと塩を少々、スープがコンソメスープであれば、それほど糖分が多くないので潤命青汁を飲まなくても血糖値が上がり過ぎることはありません。ただ、サラダにドレッシングをたっぷり、スープがコーンスープやじゃがいものスープの場合は、糖分が多いので食前に潤命青汁を飲むことをおすすめします。

食事に含まれる糖分の量のコントロールに慣れてくれば、潤命青汁を飲むかどうかもコントロールできるようになります。自分に合った飲み方を見つけてください。

4

健康小話

我慢しない糖質制限「ロカボ」で健康的な毎日を

先月は低糖質食生活ロカボ」について少し触れました。血糖値を上げ過ぎないために、糖質を抑えた食事を心がけましょうという話です。

6

普段の食事は、知らず知らずのうちに多くの糖質を摂っています。主食であるごはんやパンなどの炭水化物は多くの糖質で出来ていますし、じゃがいもやかぼちゃなどの根菜類果物にも糖質は多く含まれています。

糖質はエネルギーになるので、まったく摂らなければ良いというわけではありません。また、体内にはインスリンというホルモンがあり、これは血糖値を下げるホルモンです。そのため、インスリンが効率良く働く程度の糖質なら問題はないということになります。しかし、どうやら日本人はこのインスリンの分泌が欧米人より少ないようで、欧米と同じような食生活を続けていると、日本人の方が糖尿病になる割合が高いそうです。

そこで最近注目されているのがロカボです。一日の糖質摂取量を70~130グラム、それを何度かに分けて摂取しましょうという定義がされています。糖質を制限することで、糖尿病やその合併症として多い動脈硬化などを防ぎましょうという考え方です。

糖質の量に気を付けて、他はお肉もお魚も野菜も食べて良いというのがロカボです。食べて良い物が少なくてストレスを感じるということがないので、誰にでも続けやすい健康食として人気となっていて、今ではロカボのレストランが出来たり、低糖質のパンが増えてきたりしているそうです。気付かずに摂り過ぎになっているかもしれない糖質。いつまでも健康でいるために、毎日の食事の糖質量に注意してみてください。

 

健康小話, 潤命青汁とは

食物繊維は健康的な生活に欠かせない栄養素です

意識して摂取しなくてはならない栄養素はたくさんあります。「何を食べるか」は食事の楽しみとして必要ですが、「食事によってどんな栄養素を摂取するかに気を付けると、健康維持や老化防止などに繋がります。

あなたは食物繊維をどのくらい意識して摂っていますか? 食物繊維の効能は便通を良くすることというのが一般的に知られていますが、それ以外にも重要な役割があります。

それは、血糖値の急激な上昇を抑えるということ。通常であれば、体内に入った糖分はエネルギーとして使われます。しかし糖の摂り過ぎで消費されずに残ったり、急に血糖値が上がってしまうなどして、血糖値の高い状態が長く続くと糖尿病になる恐れがあります。それを防ぐため、ごはんやパンなどの炭水化物、ケーキなどの甘いもの食べる前に食物繊維を摂るようにすると、糖質の吸収が遅くなるのです。これはダイエットにも効果的として、最近では「ごはんの前に野菜を食べましょう」ということがよく言われるようになりました。

食物繊維は様々な野菜海藻類大豆などに含まれています。毎回食事の時には、ごはんの前にわかめサラダや納豆を食べれば糖の吸収を緩やかにできるということになりますが、毎回となると難しいものです。そんな時には潤命青汁。食物繊維が多く含まれていると言われているごぼうのなんと6.8倍もの食物繊維が入っています。

ごはんやおやつの前に潤命青汁を一本飲めば、含まれている食物繊維や他の多くの成分の効果で、血糖値を急上昇させることなく、食事を楽しむことができます。

 

2

健康小話

食生活から美肌を目指す! 糖の摂り過ぎが肌荒れに?

甘いものが好きな女性は多いですよね。最近は男性にも多いとか。でもなかなか自分で買うのは恥ずかしいという人が多いらしく、インターネット通販でスイーツを買うのは男性の方が多いという調査結果もあるほど、今は男女の関係なく甘くて美味しいものは大人気のようです。

ただ、甘い物を食べる機会は女性の方が多いかもしれません。お友達とのおしゃべりはパンケーキやフレンチトーストで有名なお店、仕事の休憩時間にはおすすめのおやつを分け合ったり、SNSで華やかなスイーツをシェアするのが楽しみな人も多いようです。

日常的に食べてしまう“甘くて美味しいもの”ですが、気になるのはカロリーだけではありません。甘いものには「肌荒れの原因」も含まれているんです。

肌に大切と言われているコラーゲンですが、要するにタンパク質です。髪もタンパク質タンパク質と糖が結び付くと色が褐色化し、硬くなります。乳製品・砂糖・小麦粉などを混ぜた材料を焼くことで、きつね色のパンが出来ることに似ています。タンパク質と砂糖が結び付いて、肌がくすんだり乾燥して硬くなったり髪のツヤが失われたりする原因になってしまいます。甘いものが大好きな女性ほど、糖の摂り過ぎに気を付けなくてはいけないようですね。

化粧水や美容液など外から肌をお手入れするだけではなく、まずは肌荒れ老化をさせないことを意識してみてはいかがでしょうか。食事を変えたり、摂取する栄養に気を付けてみると、意外とすぐに肌の変化に気が付けるかもしれません。

6

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
follow us in feedly