潤命青汁とは

栄養不足になりがちな旅行中にも潤命青汁をバッグにポン!

まだまだ暑い夏が続きますね。お盆や夏休みなどで旅行を楽しんだ方も多いかと思います。

旅行の目的は美しい景色や新しい経験などいろいろありますが、やはりその土地の美味しいものを味わうのは大きな楽しみです。

新鮮なお魚や甘みたっぷりの野菜、各地のブランド肉など、食べたいものはいっぱい!海外なら特に、今まで見たことのないような食材や調理法に驚き、いろいろ試してみたくなるものです。

いっぱい遊んで食べたい物を食べて、旅行を満喫したいところですが、気になるのは普段と違う食生活。ついつい食べ過ぎ、時間も不規則、食材の偏りなどで、お腹を壊したり便秘になってしまったりと、体調不良の原因になってしまうことがあります。

せっかくの旅行なのに食事を楽しめないのは残念! そんなことにならないように対策しておくことをおすすめします。

旅行中は栄養バランスの良い食事はなかなか難しいという声を多く聞きます。特に野菜がなかなか摂れないという人が多いよう。美味しそうな食べ歩きグルメやソフトクリームなどの甘い物に目が行くと、野菜は後回しになってしまうことがあります。

そんな時にはバッグの中に潤命青汁を数本。レストランでの食事の前に、グラスの水に潤命青汁を一本溶かして飲めば、野菜不足の解消になります。食物繊維も摂れるので、便秘しがちな旅行中には最適な相棒になるはず。つい食べすぎちゃう旅行中にも食前に飲めばダイエットにも繋がるので、美味しい物をより美味しく楽しめますよ。

潤命青汁のご購入はこちらから
http://botanboufu.com/category/item/

7

潤命青汁とは

潤命青汁は無農薬・化学肥料不使用にこだわっています

健康への意識が高い人ほど、毎日たくさんの野菜を食べようと心掛けているかと思います。外食ではサラダや野菜の小鉢を添えたり、毎日の食材を買うスーパーでもなるべく多くの野菜を買い揃えたり。たまにたくさん食べれば良いわけではなく、長く続けなくてはいけないため、野菜摂取量は毎日心掛けなくてはいけません。

そこで気になるのは野菜の安全性。外食では国産野菜にこだわったお店を選んだり、スーパーでは無農薬野菜を選んだりなど、普段から気を付けるポイントはいろいろあります。でも、その野菜が実際にどのような環境で誰によって作られているのか、それらひとつひとつに気を遣うことができるでしょうか。どんな農薬が使われてどのように加工されているかまではなかなか知ることができないのが実情です。

潤命青汁に使われているボタンボウフウ桑の葉大麦若葉はすべて無農薬、そして化学肥料は使わずに栽培しています。そもそも、なぜ農薬を使うのか。それは、栽培が楽になるからです。農薬によって虫が寄ってこなければ、野菜が虫に食べられることはありません。虫によって野菜が傷付けられると、生産者が頑張って栽培した野菜でも買い取ってもらえないことがあります。そのリスクを回避するために農薬を使っていることも多いのです。

無農薬で野菜を作るというのはとても大変なものです。虫除けの工夫養分の管理などを徹底的に行わなくてはならず、それが毎日続くのです。大変なことですが、安全性の高さのためにはとても大事なこと。ここに手を抜くことはできないのです

既に青汁を飲んでいる方は、その原材料がどのように作られているかが明らかにされているかを確かめてみてください。潤命青汁は完全無農薬・化学肥料不使用です。ぜひ比べてみてください。

3

潤命青汁とは

お客様の声を公開したら注文が殺到しました!

潤命青汁インターネットで注文できることから、全国あらゆるところにお住まいのお客様にご購入いただいています。血糖値が心配な方、ダイエットをしたい方、野菜不足が気になる方など、他の青汁とは違う“潤命青汁ならではの良さ”にいち早く気付いていただいた方からご愛飲いただいているようです。

ご購入のきっかけは皆さんそれぞれ違うと思うのですが、実は購入が一気に伸びたタイミングというのが何度かあったんです。それは、『お客様の声を紹介した時です。

過去に何度かお客様の声として、既に潤命青汁をご愛飲いただいているお客様の生の声を紹介してきました。「病院で血糖値が高いと言われ、薬を処方されてしまったことがきっかけで、食前には潤命青汁を必ず一本、そして食事は炭水化物を抑え、野菜を多めに、お肉とお魚はたっぷり食べる生活を続けたところ、血糖値があっという間に下がったんです」という声や「ボタンボウフウを一株食べると一日長生きするという言い伝えに驚いて購入を始めた」という声などをご紹介しました。

これはどれもお客様の生の声。製造者である私達がどんなに潤命青汁の良さを伝えても、やはり生の声には敵いません。事実、こういったお客様の声をご紹介した後はグンとご注文が増えたのです。

健康食品というのは実際に試して自分で効果を実感しないとなかなか良さがわからないものです。ご自身の健康のためにと、いち早く潤命青汁を始めた方の声がたくさんの方に伝わることで、多くの方が健康に暮らしていけることを願っています。

2

健康小話, 潤命青汁とは

野菜やフルーツの栄養素は季節や産地によって全然違う!

スーパーに行くと、年間を通して売られている野菜があります。果物もいろいろな種類が店頭に並んでいて、一年中様々な味が楽しめます。しかし、その野菜や果物に含まれている栄養いつも同じでしょうか

6

野菜や果物にはがあります。旬の時期は味が濃くて美味しく、収穫時期による違いを実感させられます。味の濃さが違うということは、栄養にも差があるということ。季節や産地によって太陽の照り具合も違います。例えば、ビタミンCが多いレモン、リコピンが豊富なトマト。これらは、季節がいつでも産地がどこでも、同じ量の栄養が含まれているのでしょうか。きっとそんなことはありません。多いと思っていた栄養素が実は全然含まれていないということはよくあることなのです。

先日、ひじきにはほとんど鉄分が含まれていないことが大きなニュースになりました。鉄分たっぷり食材だと知られていたのに、その鉄分はひじきそのものに含まれていたのではなく、鉄鍋で煮たことによるものだったのです。鉄分不足解消のためにひじきを食べていた人にとっては衝撃のニュースでした。

野菜不足を解消するために積極的に野菜を食べていたのに、実は思っていたほど栄養が入っていないとしたらとても残念です。そんながっかり感がないように潤命青汁は成分を一定に保つよう作られています

ボタンボウフウ大麦若葉桑の葉一年で一番栄養素の高い時に栽培と収穫を集中させ、粉末に加工しています。それぞれの野菜の一番いい時期を見極めているので、お客様のお手元に届く潤命青汁は常にたっぷりの栄養素が含まれた状態となっています。どうせ飲むなら成分が一定のものを。潤命青汁は栄養成分を保証しています。

健康小話, 潤命青汁とは

食前のフルーツで食事がもっと美味しくなる!?

フルーツにはお肉を柔らかくする効果を持つ物があります。例えば酢豚にはパイナップルを入れたり、すりおろしたリンゴにお肉を漬けておいたり。美味しさはもちろん消化を良くする効果が期待できるそう。

これは、いくつかのフルーツに含まれている食物酵素の働きのおかげ。パイナップルやリンゴ、そしてキウイやパパイヤなどには食物酵素が多く、野菜なら大根山芋にも多く含まれています。酵素は今流行りのデトックス効果的なようで、酵素ドリンクというようなものも女性を中心に人気となっています。

フルーツを調理に使うのではなく、食前に食べるのもおすすめです。特にタンパク質の多い食事をする際に酵素を摂ると、消化を助けてくれる働きがあるそうです。たっぷりのお肉を食べる時にはフルーツも一緒に。焼き魚に大根おろしが添えられているのはそういった効果を期待してという、昔からの知恵だそうです。

ただ、食事の前にフルーツを摂ることはなかなか難しいものです。しかもフルーツには糖分が多く、毎日食べることが習慣になると、糖分の摂り過ぎも心配です。ダイエットのつもりで白米やパンを減らしても、フルーツを摂り過ぎてしまっては意味がありません

そんな時には潤命青汁です。潤命青汁には食物繊維がたっぷり含まれ、食前のフルーツと同じような効果が期待できます。また、ボタンボウフウ大麦若葉桑の葉から出来ているので、余計な糖分を摂ってしまう心配もありません。粉末状の青汁なので、水に溶かして飲むだけ。フルーツを切る手間もなく簡単です。

食事の前には潤命青汁を一本。これが習慣になると、消化やお通じがよくなって、きっと手放せなくなるはずです。

4

健康小話, 潤命青汁とは

「潤命青汁」はダイエットにも!食物繊維は体に嬉しい効果がいっぱい

食物繊維を多く摂った方が良いというのは昔から言われているので、気を付けている人も多いかと思います。便秘解消の効能がよく知られているので、特に女性は積極的に摂ろうとしている人が多いのではないでしょうか。

食物繊維の効能は便通を良くするだけではありません。食前に摂れば血糖値の急激な上昇を抑えてくれたり余分な脂肪を吸着して体外に排出する手助けとなったりもします。

その食物繊維。実は2種類あります。「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、効果が全く違うのです。水溶性食物繊維は、食事による糖質の吸収を緩やかにしたり、腸の中の善玉菌を増やすという整腸作用もあります。不溶性食物繊維は腸を刺激して便通を促進する働きがあります。食物繊維を多く摂ろうと思った時、この両方をバランスよく摂ることが大切です。水溶性食物繊維はごぼうやオクラ、不溶性食物繊維はエリンギやアーモンドなどに多く含まれます。しかし、こういった食物を毎日きちんと摂り続けるのはなかなか大変なものです。

最近は「難消化性デキストリン」を食物繊維摂取の補助食品として販売しているものもあります。これは糖質の吸収を緩やかにする効果はありますが、飲むタイミングによっては食事によって摂れるはずの栄養素も摂れなくなってしまうこともあるのです。

潤命青汁は、ボタンボウフウ桑の葉大麦若葉を、一年で一番栄養を含んでいる時に粉末にした青汁です。太陽をたっぷり浴びて育った野菜が原料なので、自然な成分自然な栄養素で出来ています。健康のため、糖尿病予防のために、自然な食物繊維たっぷりの潤命青汁をお試しください。

3

健康小話, 潤命青汁とは

健康ブームは世界中で! 「潤命青汁」は海外からも注目されています

数年前からニュースでよく聞く言葉に「爆買い」があります。主に中国人観光客が日本に旅行に来て大量に買い物をしていくことを指しますが、最近その爆買いの流れが少し変わってきているとか。以前は炊飯器など日本メーカーの電化製品をたくさん買って、段ボールをいくつも積み重ねて運ぶ中国人をよく見かけました。しかし今人気なのは化粧品健康食品。自分用にお土産用にと大量に買っていくようです。

健康志向は中国にも広がっているようです。サプリメントへの興味が広がっているのと同時に、野菜不足が気になる人も増えているとか。しかし、どうやら中国人でも中国産の野菜にはちょっと不安がある人が多いと聞きます。日本人に国産の野菜が人気なように、中国人にとっても日本産の野菜人気になっていて、それを原材料としたサプリメント注目が集まっています

特に野菜をまるごと使った青汁注目度が高いようです。潤命青汁は鹿児島県喜界島産ボタンボウフウや、桑の葉大麦若葉など、安心の国産野菜のみで作られています。どれも徹底的に管理した生産方法が守られているので、健康意識の高い人から支持され、その流れは海外にも広まっていくと期待しています。

観光客の皆様にお買い求めいただきやすいように、今後は九州のお土産物屋さんなどでの取り扱いも目指したいと考えています。もちろん九州に行かなくても、全国どこからでもインターネットによる注文ができますので、ぜひあなたの毎日に潤命青汁を取り入れてみてください。

2

潤命青汁とは

潤命青汁は“健康食品で長年実績のある会社”が作った青汁です

鹿児島県喜界島でボタンボウフウの栽培を始め、大麦若葉や桑の葉と合わせて製造している潤命青汁。今やインターネットを通じて全国の皆様気軽にお買い求めいただけるようになりました。また、栄養価や効果の高さなども、ホームページFacebookを通じてたくさんの方々に知っていただけるようになりました。

潤命青汁は「株式会社 喜界島薬草農園で製造・販売をしており、今扱っている商品は潤命青汁と白ごまの2種類のみです。これだけを読むと、健康商品を扱うにはあまり実績のない会社なのでは?と思われるかもしれませんが、実は違うんです

喜界島薬草農園の親会社である「ビーエイチエヌ株式会社」は、2000年から健康食品の原料を多くの会社向けに卸しを行っています世界中で健康原料を探し徹底した安全調査と管理の上、美肌に効くフィッシュコラーゲンや、膝の痛みを改善すると言われているグルコサミン、話題のココナッツオイルいち早く取り扱ってきました

8

健康産業は年々広がっています。たくさんの企業が参入する中、より強く求められるようになったのは「安全・安定・安心・信頼」だと考えています。これをモットーに多くの健康原料を扱いつつ、一般の方向けに製造を開始したのが潤命青汁です。

私達が自信を持って製造した健康食品をお客様に直接届けたい。さらに、喜界島でボタンボウフウを育てることによって、喜界島での雇用も生み地域の発展に貢献したい

潤命青汁は、健康食品で長年の実績がある会社が作った安心してお召し上がりいただける青汁です。まずはお試しセットから始めてみてください。

潤命青汁とは, 青汁ってなに

たくさんある「青汁」商品 その原材料を見ると驚くはず!

テレビCMで毎日のように目にする青汁。健康に良さそうだから飲んでみたいと思っても、スーパーやドラッグストアにもたくさんの商品があって、どれを選んでいいのかわからないと悩んでいませんか?

7

市販されている青汁に主に使われている原材料は、大麦若葉ケール桑の葉などが多いようです。大麦若葉にはミネラルやビタミン、酵素などが多く含まれており、ケールにはベータカロチン、桑の葉には食物繊維や鉄分などが豊富に含まれています。

こういった栄養素を基に青汁を選ぶのは間違いではありませんが注意点があります。店頭で並んでいる青汁を一つ選んで、原材料を見てみてください。主な原材料とされている野菜以外に含まれているものがありませんか

例えば砂糖などの糖類香料着色料などが含まれている商品があるんです。また、原材料の順番にも注意が必要です。原材料表記は含有量順に表記することになっているため、最初に書かれている物が一番多いということ。商品によっては、デキストリンや糖類が一番になっているものがあります。原材料として謳っている野菜の方が少ないということです。

必要な栄養を摂りたいと思っても、余計な糖分や着色料を毎日摂取してしまうとなると、体に良いとは言い切れません。青汁と一言で言っても、原材料をよくチェックすることが大切です。

潤命青汁はボタンボウフウ長命草大麦若葉と、粉末を水に溶かしやすくするための少量のデキストリンのみで出来ています。このままで抹茶のような美味しさのため、糖分は加えていません。本当に体に良い青汁を選ぶために、原材料を見て判断してください。

健康小話, 潤命青汁とは

糖分摂取量に合わせて自分なりの潤命青汁の飲み方を見つけましょう

潤命青汁を飲むことによる主な効果は、「食事による血糖値の上昇を緩やかにすること」です。逆に言うと、潤命青汁を飲まずに食事をすると血糖値が急激に上がってしまうということになります。

血糖値が急に上がってしまうと、体内での糖の分解が間に合わなくなっていきます。そして、分解できずに糖が残ってしまい、糖尿病の原因肥満に繋がってしまうのです。ご飯やうどん、パンには多くの炭水化物が含まれており、その炭水化物は糖のかたまりです。健康的に思えるフルーツも糖分が多いので注意が必要です。

でも、すべての食事から糖分を抜くのはなかなか難しいですし、飲み会などの付き合いもあります。そんな時に活躍するのが潤命青汁なんです。

潤命青汁は必ず食前に飲んでください。基本的には毎日3食の食前に飲むことをおすすめしていますが、食事に含まれる糖質のコントロールをする場合は、この限りではありません。

例えば、ランチをサラダとスープで軽めに済ませた場合。サラダが葉野菜中心で、ドレッシングはオリーブオイルと塩を少々、スープがコンソメスープであれば、それほど糖分が多くないので潤命青汁を飲まなくても血糖値が上がり過ぎることはありません。ただ、サラダにドレッシングをたっぷり、スープがコーンスープやじゃがいものスープの場合は、糖分が多いので食前に潤命青汁を飲むことをおすすめします。

食事に含まれる糖分の量のコントロールに慣れてくれば、潤命青汁を飲むかどうかもコントロールできるようになります。自分に合った飲み方を見つけてください。

4

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
follow us in feedly