青汁ってなに

肥満・糖尿病予防には血糖値のコントロールが重要です

血糖値を気にしている人は多いのではないでしょうか。
昔は糖尿病の恐れがある人が特に気にしていた値ですが、今では血糖値や炭水化物の摂取量、一日の野菜の摂取量を気に掛けることは一般的になりました。

血糖値は食事をすると必ず上がります。そして血糖値が上がると体内にはインスリンが分泌されます。この血糖値を急に上げてしまうと、インスリンもすぐに分泌されて、血糖を脂肪に変え、太ってしまうのです。これが続くと糖尿病になってしまう危険性もあります。

血糖値はゆるやかに上昇させることで、肥満予防や糖尿病予防になります。ゆっくり食事をすることも大切なことですが、もっとも有効的なのは、白米など糖分の多いものを食べる前に野菜を食べることです。

まずサラダなどの野菜、次にお肉やお魚などのおかず、そしてごはんという順番を癖づければ血糖値の上がり方をコントロールできるようです。

ただ、野菜から食べればいいとわかってはいても、いつでもこのような食べ方ができるような食事ばかりではないと思います。昼食はラーメンなどの単品で済ませてしまったり、飲み会だと食べる順番など自由にはなりません。

そんな時は潤命青汁が味方になってくれます。「今日のランチは野菜が少ないな」と思ったら、潤命青汁のスティック一本をお水に混ぜて、食事の前に飲むだけ。レストランで出てきたお水に混ぜて飲めばいいだけなので簡単! 飲み会がある時も、とりあえず潤命青汁を一本飲んでから行けば安心です。

ただの青汁と違って、潤命青汁は血糖値のコントロールに役立ちます。糖尿病の予防に、肥満予防のために、ぜひ食事の前に飲んでみてください。

6

コメントを残す

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
follow us in feedly