喜界島のご紹介

川畑さおりさんも熱唱~奄美・沖縄の島唄 歌い継がれる伝統の響き~

先日、「黒潮浪漫街道 奄美・沖縄の島唄 絶唱」というコンサートが東京で開催されました。奄美大島と沖縄の若手実力者が揃う「南西合奏団 群星(むるぶし)」は鹿児島県芸術文化奨励賞を受賞された川畑さおりさんが代表を務められております。団員の皆さんも様々なコンサートで入賞されている方々です。琉球王朝時代の宮廷音楽から自然豊かな奄美の島々の島唄まで、唄や三味線、打楽器、笛で演奏されました。

2016111503

舞台は沖縄の島唄から始まり、奄美の島唄を歌い上げます。川畑さんは「嘉徳なべ加那節」を伸びやかな声で歌われた後、「平坦で太陽が隅々まで行き渡る輝く喜界島」と出身地の喜界島のPRをされていました。

 

川畑さおりさん(喜界島)、伊成実さん(徳之島)、指宿桃子さん(奄美大島)の3人は同じ「安田民謡教室」に通っていたお話を語られた後、先生が作曲された「喜界やよい節」を演奏され、会場は一瞬で奄美の空気になりました。

 

休憩を挟み、沖縄と奄美の楽器の細かな違いや同じ名前の民謡でも歌い方が違うことなど今まで知らなかったことを事細かに説明してもらえました。最後は「六調」で締めくくられた暖かく、そして素晴らしいコンサートでした。

2016111001

コメントを残す

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
follow us in feedly