潤命青汁レシピ

これはおいしい!長命草の潤命青汁と○○のコラボ!

こんにちは、高木です。

先日もお話しましたが、喜界島の気温も少しずつ下がり、最高気温が20度前半の日が続いています。そんな肌寒くなってきた喜界島で私がよく飲む喜界島潤命青汁と喜界島産の白ごまを使ったおいしいレシピをご紹介したいと思います。

 

まず、洗いごまを大さじ1杯煎ります。ごまが2~3粒「パチパチッ」と弾けたら、フライパンの火を止めて、お好みの煎り具合まで余熱で混ぜてください。お好みの煎り加減になったらすり鉢に移し替えてください。ごまはそのまま食べても消化されずに排泄されてしまうので、少し冷ましてすり鉢でごまをすり潰します。すりごまにすることによってごまの栄養を効率よく摂取することができます。

2016112901

ゆっくりと円を描くように粉末状になるまですり潰し、そうしてできたすりごまを、ホットミルクで溶いた潤命青汁に入れます。栄養豊富な潤命青汁をホットミルクで溶くことによって、体を温めカルシウムも摂取できるほか、骨粗しょう症予防食材として話題の喜界島産白ごまの栄養分も摂ることができます。

喜界島潤命青汁

この寒い時期に、是非お試しください。

コメントを残す

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
follow us in feedly