長命草(ボタンボウフウ)

長命草(ボタンボウフウ)の赤ちゃんから収穫まで大事に育てています。

強力な紫外線や潮風にも耐える生命力の強い長命草(ボタンボウフウ)。弊社ではミネラル豊富な喜界島の田畑で長命草(ボタンボウフウ)を大切に育てています。先日は、長命草(ボタンボウフウ)の鉢上げ作業でした。

 

長命草(ボタンボウフウ)の種子を9月頃に柔らかな砂の苗床へまくと、10月の後半くらいからピョコピョコっと小さな芽が次々と出てきます。発芽した苗は徐々に大きくなっていき年が明けてから育苗ポットに1本1本移していきます。これが鉢上げです。

長命草 ボタンボウフウ 鉢上げ長命草 ボタンボウフウ 鉢上げ

鉢上げするのは小さな長命草(ボタンボウフウ)の苗ですから根が千切れないように細心の注意を払い、毛根がしっかり出ているもののみを手作業で苗床から移します。こうして無事鉢上げされた長命草(ボタンボウフウ)の赤ちゃん苗は喜界島の農家の皆さんの畑でスクスク育っていきます。こうして育った長命草(ボタンボウフウ)の中でも栄養分の高い葉の部分のみを手作業で収穫し、鹿児島県産の大麦若葉と桑の葉を配合した喜界島潤命青汁が完成します。

長命草 ボタンボウフウ 鉢上げ長命草 ボタンボウフウ 鉢上げ

無農薬・化学肥料不使用にこだわり、出来る限りを手作業で行うのは大変な労力と時間を費やします。ですが、だからこそ自信を持って安心安全な素材だけでつくった健康食品を皆様のお手元に届けられます。

 

これからも弊社喜界島薬草農園は真心込めた健康食品をつくり続けていきます。

コメントを残す

商品のお問い合わせ


About US
bhn
喜界島潤命青汁は『命潤う薬草:ボタンボウフウ(長命草)』『漢方薬の原料としても有名な桑の葉』『活性酵素を抑制する働きのある大麦若葉』3つの恵みをひとつにした全く新しい青汁です。
facebook
twitter
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
follow us in feedly